顔が太るのはなぜ?原因を知って対策しよう!

太っている人の中には顔はあまり肉がついていない印象を受ける人がいると思います。逆に体はそんなに太っていないのに顔がやたら太って見える人もいます。どうして顔が太る人と太りにくい人がいるのでしょうか?原因を調べて対策しましょう。

顔が太る原因とは?

一番多いのはむくみです。顔がむくむことで大きく太った印象を与えてしまいますので、しっかりとデトックスをすることが大切です。お酒を飲みすぎたときや塩分をとりすぎたときは特に注意が必要です。

他にも、不摂生によって体重が増加することで顔だけでなく全身太ってしまうことも原因と言えます。そして一度ついてしまうと、日常的に動かしている体に比べて落ちにくいの為、なかなか顔が痩せないと言いうことに繋がります。

さらに、歯ぎしりや食いしばりによって筋肉が固まって太ることもあります。これを改善するにもまず、癖になってしまっていることを治す必要があるのでとても難しいでしょう。

対策するには顔の筋トレが大切!

大人になると、子供のころのように喜怒哀楽を表現しなくなってきます。その為、表情筋をあまり使わなくなり、衰えてしまいます。さらに、表情金が衰えてしまうことで顔が太りやすくなるだけではなく、顔の皮膚を支えられなくなり、しわやたるみが増えてしまいます。

顔太りを防ぐためにもしっかりと筋トレを行いましょう。

小顔マッサージも効果的!

小顔マッサージには、凝り固まった筋肉をほぐして老廃物を流してくれる効果があります。しっかりと小顔マッサージを行っていれば、それだけであっという間に輪郭に変化が出てくるかもしれません。

小顔マッサージは、お店でやってもらうこともできますが、自分で家でできるものもたくさんあるので試してみてください。

まとめ

顔太りの原因は、基本的には肥満の原因と同じで、不摂生とむくみです。ですが、顔の筋トレや小顔マッサージなどを日頃から心がけることで、しっかりと対策が出来ますので、まずはためしてみてくだい。