朝に眠気をスッキリ解消!原因と方法とは?

しっかり寝たはずなのに眠気が取れないという現代社会人は多いのではないでしょうか?寝ても寝ても満足できない、昼に眠気を感じて仕事の効率が低下してしまう。そんな眠気の原因とスッキリ解消できる方法を調べてみました。

眠気の原因とは?

睡眠時間が長いから眠気がすっきりするというわけではありません。実際に、長時間寝すぎたときは体にだるさを感じると思います。睡眠は質が大切なので、しっかりと体がリラックスした状態で負担のかからない体制で寝ることが大切です。

長時間の残業や昼夜逆転の生活を送っている人は特に体の睡眠リズムが壊れてしまっている可能性が高いです。人間の体は、日光を浴びて朝が来たと感じてから約14時間後に、眠くなる成分「メラトニン」を分泌します。つまり、朝が来たと体が感じるのが遅くなれば、眠くなる時間もどんどん遅くなってしまうということ。

規則正しいリズムを体に作っておかなければ、質の良い睡眠がとれないので気を付けましょう。

スッキリ解消するにはどうすればいいの?

まずは、リズムをしっかりと作ることが大切です。どれだけ眠くても一定の時間に起きる練習をしてみましょう。毎日同じ時間に起きることで、眠くなる時間も一定になります。

寝る前に行う解消法としては、お風呂にしっかりと浸かり体温を高めてからストレッチをして体の疲れをとることがとても大切です。人間は、高い体温が一気に下がることで眠気を感じるので、寝付けない日が続くときは運動を取り入れてみるのも良いと思います。

寝起きに行う解消法で最も簡単なのは、起きたらすぐにカーテンを開けて朝日を浴びながら伸びをすることです。そのあとしっかりと朝食をとることで脳が目覚めて眠気がすっきりと解消されます。

まとめ

夜、就寝前にしっかりと体の疲れをとることや、夜更かしをせずに一定のリズムを保つことが重要です。朝の習慣についても、一定の時間に目覚めて朝食をとることで、1日のリズムが完成します。このリズムを崩さないように生活することで質の良い睡眠が得られるのではないでしょうか。

睡眠の改善で仕事効率が10%以上向上するともいわれておりますので、試してみてはいかがでしょうか。